気をつけろ!薄毛の前兆

朝起きたら突然に髪の毛が薄くなっていた!?なんてギャグみたいなケースが殆ど無いように、「薄毛」は突然に起こるものでは決してありません。

薄毛になる前には、必ず何らかの前兆があるものなんです。

それ故、この前兆にいち早く気づくことができるかどうか!?これが薄毛を進行させないための重要なポイントでもあるんです。

気になる前兆には3つの種類があります。

一つ目は「頭皮のかゆみ、フケ」。

唐突に頭皮のかゆみが強くなったり、或いはフケも大量に出るようになった、或いは、頭皮に赤身があったり硬さを感じるようになった、そんな時は要注意です。

明らかに頭皮環境が悪化していますので薄毛の始まる5秒前とも言えるでしょう。

今すぐにでも頭皮ケアの見直しをオススメします。

二つ目は「抜毛の根本が細くなった」。

健康な髪の場合、抜毛の根本は丸くて白い色をしています。

しかし、栄養の足りていない不健康の髪は、根本が細くなっていたり、黒い色をしているのが特徴です。

この状態、明らかに髪の栄養不足、ヘアサイクルの乱れを起こしている証拠です。

三つ目は「長さの短い抜毛が増えた」。

そもそも、健康な髪の毛でも勝手に抜けるものです。

髪にはヘアサイクルが有り、成長しきった髪は自然と抜けるものなのです。

でも、ヘアサイクルが乱れると、成長しきらない髪の毛も抜けてしまいます。

抜けた毛はまだ成長過程なので長さも短いものが多いようです。

そういった意味で、短い抜毛が増えたということは、ヘアサイクルが乱れている証拠なのです。

こんな前兆を感じ取ったら、まさに薄毛の危機です!

今すぐにでも何らかの対応をとることをオススメします。

早く、何が原因か突き止めて、適切な薄毛対策をおこなうようにしましょう。